08
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

実は子犬に優しかった

意外なことが判明した。

我が家で保護した子は、必ず龍馬の洗礼を受けていた。
低い声で唸り、部屋の隅に追い詰める行為を何度も見てきた。
それが秩序を保つために必要なことだったと思っていた。

群れで暮らす犬にとってリーダーの存在は大きく
龍馬のおかげで我が家の秩序が保たれていた。

ピーク時は子犬を含め15匹ほどの犬がいましたが(マンションなのに)
大騒ぎすることもなく暮らすことができていた。

ちび-0000

成犬には厳しかった。
時に流血騒動を起こしたこともあったが
子犬や弱い者には優しかった。

ウークー-09フレーム

腕の中にスッポリと包み込んで、優しく見守る龍馬。

ウークー-06

何をされても怒らない・・・・
龍馬を知っている人は驚いているでしょうね。

ウークー-08

竜馬とちゃー

龍馬がいたから、私もたくさんの犬を保護することができたのだ。
仲間意識が強かったから、仲間と認めた子には本当に優しかった。
あらためて龍馬の素晴らしさを噛み締めています。

龍馬・・・逢いたいよ~!!

スポンサーサイト

Comment

No title

龍馬くんが、みんなの「おとうさん」に見えますね♪
子供たちひとりひとりを優しく温かく見守っている姿に、
私も涙が止まりません・・・。
龍馬くんもめっちゃ可愛いし、子犬たちも可愛いな。
みんなまとめてギュッ!としたい(笑)。
それにしても、15匹も預かってたときがあったんですかっ!?
大変なこともあったと思いますが、楽しそうな毎日ですね(笑)。
また懐かしいお写真、紹介してくださいね!
もうお写真でしか会うことができない龍馬くんだから、
私も、チョビと一緒に会いに来ます・・・♪

uchi-mameさんへ

懐かしい写真を整理していると
楽しかったあの頃を思い出してうるってしちゃいますね。
ボランティアの活動を通してたくさんの犬と出会いました。
みんな忘れられない子ばかり!!
本当に素敵な経験をさせてもらいました~!!

チョビちゃんも助けられた命。
その子たちが幸せな犬生を過ごし、最期を迎えることができたら
これ以上望むものなんて何もないよね。

Secret

プロフィール

ラッキー&仲間たち

Author:ラッキー&仲間たち
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード