05
3
6
9
11
14
15
16
18
19
20
23
25
27
28
29
30
31
   

ボランティアの世界

どこかで繋がっているんだな~
私がこの世界に飛び込んだのは、犬を飼ったのがきっかけで
その後たくさんの犬と出会うことになり、一人では何も出来なかったので
ボランティア団体(どうぶつ福祉の会・AWS)に参加した。

最初に飼った「ラッキー」は情報誌の「子犬差し上げます」だった。
当時は里親会などの存在も知らなかったし、そのような活動についても
まったく無知だった。

次々と犬を拾ってくる私に、旦那さんはあきれ果て
最初はケンカが絶えなかった。
旦那は犬に噛まれた経験から、犬は好きじゃなかったようだ。

初めて子犬を3匹保護した時は、朝起きると部屋中ウンチ臭く
キャンキャン泣く声にぶちぎれていた。

そんな旦那がやっと理解してくれるようになり、一緒にAWSまで行って
カレンダーの写真を撮ったり、犬の散歩など協力してくれるようになった。

一番多い時は、子犬・成犬合わせて12~13匹が狭いマンションで
暮らしていた。
今考えると、あの頃が一番楽しかった!!
この活動は自分にとってライフワークになるだろうと思っていた。








まぁ色々あって、









現在は4匹の愛犬と5匹の愛猫(ほとんど野良猫状態)とのんびり暮らしている。

先日ハナヒナ家にやってきた2匹の子犬は
犬仲間の銀ちゃん家が2匹目を迎えた個人ボランテアさんの所からだった。

ボランティの世界はどこかで繋がっているんだな~ってつくづく思いました。

保護犬を家族に迎えたことで、ボランティに目覚める方。
保護犬を家族に向かえ、その子を愛し最期まで大切にする方。

どっちもすばらしいことです。
今自分にできる事は・・・・ふと考えてみた。



久し振りに「武蔵」に会った。

2012年4月0187

やまとのお兄ちゃん。
すごくおだやかで頭のいい子です。

一度だけ「ここは入ってはダメよ」と言っただけなのに
10年間絶対にキッチンとダイニングに入ってこない。
武蔵が自分で決めたラインがあるらしい。

飼い主さんがいくら呼んでも絶対にそのラインを超えることはないのだ。

2012年4月0185

武蔵をいっぱい撫で撫でして、楽しい時間を過ごしました。
まだまだ元気で長生きしようね。
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

ラッキー&仲間たち

Author:ラッキー&仲間たち
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード